マラソンにはまったおじさんランナー どこまで行けるか さあ、一歩前へ!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋ハーフ
2010年11月23日 (火) | 編集 |

体調も良く万全で乗り込んだ名古屋
雲もほとんどないいい天気
ただ、風がちょっと強いのが気がかり…

陸連主催の競技会なので第2点呼もある本格的な大会です
午前10時にスタートし名古屋シティーハーフに参加するランナーの拍手に応援されて瑞穂陸上競技場を2周半走ります
しかし、その間に先頭ランナーは早くも1周抜いていきます

最初の5kmは20分45秒程度でいいペースでした
しかし、7kmの給水後胸が痛くなり呼吸が苦しくなって来ました
我慢しながら走りましたがペースは上げられず徐々に後続のランナーに抜いていかれました

去年と同じパターンです
去年はここからもうボロボロでしたが、今年は折角だから名古屋の街を楽しんで走ろうと気持ちを切り替え周りの景色を楽しみながら何とか走り続けました

残り5km辺りから10kmのランナーと交錯し一緒に走ります
それ程速くなかったので、ごぼう抜き状態です
ごぼう抜きを楽しんでいると胸の苦しさも随分と楽になったので、若干ペースを上げて走れました

ラスト1kmは4分前半まで戻すことができましたが、とき既に遅しでゴールタイムは1時間32分44秒でした
1時間28分切りを狙ったいたので、残念ながら失速ランです

でも、一応3rdベストですので、気を取り直して次の大阪でリベンジしたいと思います
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。