マラソンにはまったおじさんランナー どこまで行けるか さあ、一歩前へ!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ勘違い
2011年02月01日 (火) | 編集 |
大阪ハーフで2つの大きな勘違いをしました

ひとつ目はスタート
スタートゲートから10メートル程の所にタイム計測用のマットが敷いてありました
それを見ててっきり今回からネットタイムも計るんだと勘違いをしてしまいました
そのためスタート位置もガツガツ前に行きませんでした
しかし、ネットタイムなんて出ないんですね
結局24秒のタイムロス
去年は先頭から数メートルにいたのでタイムロスは数秒だったはず…

しかもAグループとはいえ後方からのスタートだと前方にゆっくりスタートしている人が沢山いるからムッチヤ走り難い
抜くためにジグザグ走行が必要で無駄な体力を消耗してしまいました


ふたつ目はペース感覚です
15キロまで予定通りのペースだったので、ここからペースを上げました
丁度良さそうなペースで走るランナーを見つけたので、その人を追うことにしました
昨日も書いた様にハリ野豚さんに17キロで抜かれましたが、自分の感覚では4分10秒/キロは出ていると思いこんでいたし追っていたランナーにはついていけてたので、この時はハリ野豚さんがかなりペースを上げたんだと勘違いし追いませんでした

しかし後でラップを確認すると、20秒台まで落ちています
あの時時計を見直していたら 自分のペース感覚がおかしいのに気が付いたかも知れません

大バカ者です


おまけにもう一つ…

国際女子を走るりんkumiさんを10キロのすれ違いで応援しようと一生懸命捜しましたが、残念ながら判りませんでした
またゴール後長居でも競技場の周回路と観覧席を行ったり来たりして捜しましたが、りんkumiさんを見つけたのはゴールした後で結局全然応援出来ませんでした


全部裏目に出た1日でした
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。