マラソンにはまったおじさんランナー どこまで行けるか さあ、一歩前へ!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
びわ湖レイクサイドマラソン
2011年02月27日 (日) | 編集 |
びわ湖レイクサイドマラソンの応援に行って来ました

地元の大会であるので、arcからも十数人参加しましたので主にメンバーの応援です

まだ2回目であり一般の人には恐らく全く認知されていないのか、周りで応援している人はほとんどいません

たった1人で声を応援出すのも恥ずかしかったですが、皆さんの頑張っている姿を見てるとテンション上がります
恥ずかしさも忘れて応援に力が入りました

最初からかなり最後の方まで多くの参加者の応援をしました
1人1人顔を見ながら応援していると、7割位の人は見向きもせず通り過ぎて行きます
多分自分が応援されているとは思っていないのでしょう
中にはイヤホンをしながら走っている人もいます
1人きりの練習なら分かりますが、折角皆で走る大会なのに自分の殻に閉じこもっている様でやな感じです私は嫌いです

しかし、目礼してくれる人、笑顔を返してくれる人、手を挙げてくれる人、お礼を言ってくれる人も沢山いました
反応が返ってくるとうれしいですね
応援にも力が入ります

逆に自分が走っている時は出来るだけお礼を返そうと思っています
するとこちらも元気がでます

でも泉州の時はほとんど出来ませんでした
心の中でお礼は言っていたけど、声は出ませんでした
気持ちのゆとりがなかったのでしょう

篠山では泉州の分もお礼を返したいと思います
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。