マラソンにはまったおじさんランナー どこまで行けるか さあ、一歩前へ!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都マラソン
2012年03月11日 (日) | 編集 |
第1回京都マラソン走ってきました

抽選には外れましたので、この日は名古屋シティハーフを走る予定でした
しかし今回は某アナウンサーのガードランナーとしての参加できるチャンスがありましたので京都を走ることにしました
私にとって初めての体験でしたので、この前の1週間は体調管理にはいつものレースより気をつけました

某アナの目標は5時間切り、できれば4時間45分切れたらと話していました
でも初フルだし、ハーフ以上の距離は走ったことがないので、後半潰れない様にキロ7分から6分半で走ることにしました

Bグループからのスタートでしたので最初はどんどんと抜かれて行きます
ガーミンを見ながらつられてペースを上げないように気をつけながら良い感じで進んで行きました

しかし、8キロ地点でまさかのストップ
緊張車両の通過のためだそうですが、コース取りの関係で仕方ないこととはいえ次回は対策して欲しいですね
5分程で解除になりましたが、遅れを取り戻すために皆さん結構飛ばして行きました
ここで脚を使ってしまい後半ヘロヘロになったランナーも多かったのではないかと思います

仁和寺では20~30人程の僧侶が腕を振り上げて応援してくれました
まさに京都!という感じでした

狐坂も無事登りきり、その後もほぼ設定ペースをキープしてイーブンペースで進みました

28キロ地点でまたもや緊張車両の通過のためにストップ
タイム狙いの人にとっては厳しい大会です

その後もペースが落ちるどころか30キロ過ぎに6分前半にペースアップ
「ラスト3キロペースを上げても良いか」
と聞いてくる程元気が残っているみたいでした
多分無理かなと思いつつ、
「キロ3分でも4分でもついて行きますよ」
なーんて話しました

さすがに35キロを過ぎると疲労の色が濃くなって来ました
もともと膝が痛かった様で、左脚をかばいながらの走りになっています

京大前であと3キロの表示
本当にペース上げるのかなと思っていたら一気にキロ5分近くまでペースアップ
ついていくには全然問題ないペースですが、周りのランナーとのペースが違うのでジグザクに抜いていくのが大変でした
私も調子に乗ってペースが落ちないように引っ張りましたが、一緒に走ったカメラマンの方は大変だったと思います

4時間42分(ネット)でゴールイン
たった2ヶ月の練習でここまでのタイムを出せるのは、素晴らしいです
練習を続ければすぐにサブ4は達成できると思います

初めての伴走でしたが、とても楽しい42キロでした


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。